ロジスティクス(物流)の
トータルソリューションなら日本ロジステックへ
  • 03-3258-1276
  • 受付時間9:00~17:30(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

事業案内

Services

保管・物流

お客さまの多様な保管・物流ニーズに、
豊富な実績によるノウハウとクリエイティブな発想でお応えします。

保管サービス

物流の要所に効率よく事業所を配置し、商品特性と物量に最適な保管環境を提供。

物流の要所に効率よく事業所を配置し、商品特性と物量に最適な保管環境を提供。

日本ロジステックは、国内の物流の要衝である首都圏湾岸部を中心に物流センターを配置、関西地区にも事業所を設けています。また、成長を続ける中国経済の中心である上海で自社倉庫を運営し、香港にも拠点を構えるなど、グローバルネットワークの形成も進めています。

さらに、物流効率化の加速と量的拡大という時代背景を捉え、倉庫の大型化を促進。食品、飲料、化粧品、衣料品などの一般消費財から、電子機器、各種産業機器、医療機器といった特殊機器まで、それぞれの特性と物量に応じた保管環境を提供しています。

日本ロジステックの強み

  • インターネットによる商品情報検索と業務処理環境の提供
  • 物量増や季節変動への柔軟なスペース対応
  • 保税蔵置場(2センター)
  • 多様な倉庫(定温倉庫、危険物倉庫など)
  • 期限管理、シリアル管理 など

物流サービス

国内外の様々な商材の取扱い経験を蓄積し、多様で効率的なサービスへと進化。

国内外の様々な商材の取扱い経験を蓄積し、多様で効率的なサービスへと進化。

長年の経験を活かし、マテハンを含めたお客さまに最適な物流システムを構築し、効率的なサービスを提供しています。なかでも3PLの重要課題である流通加工については、検品、値札や各種ラベル貼付、セット組み、梱包、ラッピングなど多彩なサービスを提供。商品の高付加価値化、物流リードタイムの短縮、輸送コストの削減に貢献しています。特に、医療機器・医薬部外品・化粧品については、多くのセンターでそれぞれの製造業免許を取得しており、幅広い業務への対応が可能です。また、eコマースの拡大に対応して、Web受発注のデータ管理や調達、返品業務、スルー型物流管理など包括的なサービスも提供しています。
配送は、子会社であるひかりラインによる関東全域への直送と、主要な路線便業者及び宅配便業者との提携による全国各地への低価格、高品質な配送体制を確立。ひかりラインでは全ての車輛をMCA無線で管理することにより、配送状況のリアルタイムでのトレースを可能にしています。

日本ロジステックの強み

  • 顧客データ管理(受注・配送)
  • 一斉棚卸や循環棚卸などによる在庫精度の維持・管理
  • 通関、フォワーディング、その他輸出入全般に関するサービス
  • 庫内管理や業務運営のためのソフトウェアの開発維持
  • 品質検査、検品(X線含む)、値札発行、アソート、修理などの流通加工サービス
  • 通販ジャストイン対応(受注日出荷)
  • 多彩な配送便(小口配送・チャーター便・共同配送・メール便)
  • 運搬サービス(重量物運搬・廃棄物運搬・横持輸送)
  • 配送関連サービス(納品代行・返品回収・据付作業)など

セキュリティの確保と災害への備え

万全の防犯体制と万一に備えた防災対策で、お客さまに大きな安心を。

万全の防犯体制と万一に備えた防災対策で、お客さまに大きな安心を。

当社が業務運営を行っているセンターでは、派遣社員を含む全ての外来者の入退館管理を実施するとともに、各区画に入る際も必要に応じパスワードやセキュリティカードによる管理を実施しています。流通加工などで社員以外が倉庫を出入りする場合は、盗難防止のために透明バッグなどによる私物管理や退出時チェックを行っています。また、当社が直接運営、管理する施設の内外にはセキュリティカメラを設置して常時監視を実施し、さらに、必要に応じて専門警備会社を導入し体制を強化しています。

防災に関しては、基本的な防火設備や機器を各センターに設置し、定期的な確認と機器のメンテナンスにより100%稼働状態を維持。万一に備え保管物には火災保険を附保し、さらに危機管理マニュアルに基づく訓練を、社員や作業員、お客さまと共に実施しています。

業種別利用実績割合

物流の意味のひとつに物的流通があり、生産された物をその生産者から消費者へ流す一連の活動を指しています。その機能の主なものには、輸配送、保管、荷役、流通加工、物流情報処理などがあります。しかし、消費行動の多様化や価格破壊に見られる企業間競争の激化を受け、物流の位置づけは変化してきています。企業が消費者のニーズに対応して物流機能を合理的に最適化すること、すなわち生産から消費までの全体最適化を目指すロジスティクスの一部へと、認識が変わりつつあるのです。

そういった激しく変化する環境の中、日本ロジステックの保管・物流サービスを、どういったお客さまにご利用いただいているかご紹介します。業種では製造業、卸売業、小売業があり、その利用実績割合については小売業が最も多く、次いで卸売業、3位に製造業、その他の業種となっております。

業種別利用実績割合

ご利用実績ベースで見ると小売業が1位となっていますが、件数で見てみると卸売業が1位、2位が卸売業、3位がその他、4位が製造業となっております。

商品分野では日用品・雑貨、食品・飲料、産業・工業製品、アパレル、化粧品、医薬部外品、医療機器などさまざまな商品をお預かりしています。この中で化粧品、医薬部外品、医療機器については包装・表示・保管におけるそれぞれの製造業免許を取得。商品への成分表示ラベルやアイキャッチなどの販促シールの貼付、シュリンク包装、製品の保管といった許可に基づく業務はもちろん、宣伝用商材や試供品のセット組み、無料贈呈品の添付など幅広い業務に対応していることなどから、近年ご利用いただくお客さまが増えています。

目的別利用実績割合

日本ロジステックは、日本の物流の要である東京首都圏、その中でもさらに中心的な役割を果たしている東京湾沿岸部に大型の倉庫・物流センターを配置。そのほか関西地区や、経済成長著しい中国・上海にも自社倉庫建設を建設・運営するなど、日本国内にとどまらず世界的なロジスティクスネットワークの形成を目指しています。

経済のグローバル化による競争の激化は、ロジスティクスにさらなる効率化と徹底したコスト削減を求めています。その厳しい要求に応えるため日本ロジステックの物流・保管サービスでは、一般消費財から電子機器、各種産業機器、さらには化粧品、医薬部外品、医療機器まで、それぞれの商品特性と物量に応じた保管・荷役環境と、お客さまの求めに応じた業務サービスを提供しています。

一方、お客さまの立場から見た場合、倉庫・物流センターを利用する目的には、単なる物品の保管や自社物流用のスペース賃借といったものから、入出庫・保管・荷役などの業務の実施や管理の全般的な寄託まで、様々なものがあります。この中でも特に全般的な寄託をいただいているお客さまが最重要視されるのが、物流加工への対応、そして定温倉庫あるいは危険物倉庫の有無といった点です。当社では、倉庫の有無は当然のこととして完備したうえで、物流加工についても豊富な経験と知識をもとに力を発揮いたします。入出庫時の検品、値札や各種ラベルの貼付、セット組み、また、商品納品時の梱包やラッピングなど多彩なサービスを提供し、お客さまの商品の差別化、高付加価値化に貢献しています。

目的別利用実績割合

日本ロジステックの3PLサービス

ニーズにマッチした高品質な3PLサービス

日本ロジステックは、首都圏で倉庫や物流センターの運営・管理を半世紀以上にわたり行ってきました。その実績を背景に、急速に進展する物流業務のグローバル化に応え、現在は運輸配送機能を兼ね備えたアセット型の3PL事業者として、国内・国外の幅広い業態・業界のお客さまにサービスを提供しています。機能・設備・スタッフの充実した環境で、それぞれのニーズにマッチした高品質なロジスティクスサービスにより、お客さまのSCMを支えているのです。

特に、お客さまが物流業務をアウトソーシングする際の目的であるエンドユーザーに対するサービスの改善・向上、物流関連コストの削減、商品競争力の強化などを実現するために、日本ロジステックでは物理的な環境や資材・機材を継続的にグレードアップ。さらには現場と管理部門を含めた人的資源の能力向上と、情報をスピーディーに処理し提供する能力の改善・向上も、重点的に行っています。これによって、単にモノの動きをお手伝いするだけでなく、物流システムの構築や製造・販売に関する機能までをお任せいただける、真の意味での3PL事業者としての地位確立を目指しています。

以下は、オペレーション、管理、物流システム構築、それぞれの面で実績のある、また、 現にご提供している業務の一部です。これ以外にも受発注に関するノウハウなど、規模の大小を問わず、またさらに広範なご要望にお応えすることも可能ですので、ぜひ一度お問い合わせください。

オペレーション

  • 入庫(受入・検品・棚入れ)
  • 棚卸(実地棚卸対応・サイクルカウント・定期棚卸)
  • 出庫(在庫補充・ピックパック・専用伝票処理・配送手配・積み込み)
  • 物流加工(品質チェック・値札やタグ類の印刷と貼付・仕分け・キッティング等々)
  • 返品業務(受入・検品・補修・棚入・廃棄)
  • 特定商材関連業務(検針・X線検査等々)

管理

  • 通関・配送を含む輸出入手続き全般
  • 在庫管理
  • 資材管理
  • 季節変動に対応したスペースと人員の管理
  • 業務データの集計・報告(日次・月次他)
  • 業務レポート、KPIレポート、棚卸報告書等々の作成
  • 外国語対応(英語・中国語)

物流システム構築

  • 物流フロー提案(発注時期・分散化・モーダル提案等々)
  • 物流センターレイアウト(棚・庫内動線・マテハン配置等々)
  • 業務改善提案(ITによるデジタル管理等々)

日本ロジステック株式会社が選ばれる理由

日本ロジステック株式会社は、1959年の創業以来、日々お客さまとのコミュニケーションを大切にし、複雑かつ煩雑化する業務にお応えするためのベストソリューションを提案、実行し続けて来ました。そして、迅速かつフレキシブルな業務対応や効率の改善、また、正確・丁寧な管理によってお客さまとの厚い信頼関係を長年にわたり築き上げ、高い評価をいただいてまいりました。

事業の一部をご紹介しますと、保管サービスでは東京首都圏から関西地区、そして中国・上海まで30近い倉庫や物流センターの管理・運営を行っています。また、リスク分散のための多拠点化や運輸コスト削減のための地方デポを設置する場合などは、物流関連不動産の取引における長年の経験と実績を活かした仲介サービスを提供するなど、お客さまが理想とするSCMの構築に貢献しています。

物流サービス面では、入出庫から荷役、配送、在庫管理、関連業務処理、そして情報の管理・提供に至るまで、国内外のさまざまな業種のお客さまとの取引で培ったノウハウをベースに、個々の商品に最適なロジスティクスシステムを提案、構築いたします。サービスの信頼性を支える公的な認証資格としては、本社ばかりでなく多くのセンターで品質管理システム(ISO9001)の認証を取得しており、そのほか業務内容に応じて情報セキュリティ管理システム(ISO27001)その他の認証・資格を取得しています。

お客さまのご要望に対するこういった現実的で実際的なアプローチが認められ、多くのご利用に結び付いた結果、2012年には物流企業2000社に対する業績面での調査で100社以内という評価をいただきました。この評価に甘んじることなく、今後もお客さまの声に耳を傾けながら、21世紀におけるロジスティクスをともに考え、よりよいシステムの提案と構築を目指してまいります。

この業種に最適な拠点

お問い合わせ・ご相談

メールでのお問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

03-3258-1276

お問い合わせ・ご相談

03-3258-1276

NLネットサービス

NLネットサービス

独自のネットワークサービスで、業務処理から情報管理までお客さまを幅広くサポートします。

さらに詳細を見る

NLネットに関するお問い合わせ・ご相談 03-3258-1401 受付時間 9:00~17:30 (土・日・祝日・夏季休業・年末年始を除く)

お問い合わせ・ご相談

side_contact_icon01_smp03-3258-1276

受付時間 9:00〜17:30 (土・日・祝日・夏季休業・年末年始を除く)

フォームでのお問い合わせはこちらから