ロジスティクス(物流)の
トータルソリューションなら日本ロジステックへ
  • 03-3258-1276
  • 受付時間9:00~17:30(土・日・祝日・夏期休業・年末年始を除く)

ニチロジブログ

Blog

第15回フォークリフト安全講習会を開催しました。

2021年3月15日

第15回フォークリフト安全講習会を、トヨタL&F東京(株)のご協力の下、2月6日(土)に湾岸市川センターで開催しました。今回は新入社員を含め計23名が講義及び実機演習に参加しました。

 

座学講習会の様子

座学講習会の様子

実機演習の様子

 

 

 

 

 

 

皆様『フォークリフト』という重機はご存じでしょうか?

あまり馴染みのない方も多いかと思いますが、人の力だけでは持ち上げることのできない重いものを、簡単に持ち上げたり運んだりすることができる物流業界においては欠かせない特殊車両です。

但し、一歩操縦を誤ると、フォークリフトは予期せぬトラブルや事故を招きます。

作業中に尊い命を奪う死亡事故を含め、休業4日以上の事故に遭われる方は毎年約2,000人にのぼります。

 

皆様はフォークリフトの事故の中でも特に発生件数が多い事故は何だと思いますか?

 

今回はフォークリフト操縦で起こりうる事故三つご紹介させていただきます。

フォークリフトを始め、運転が必要となる乗り物に対し、一人でも多くの方に安全操作の大切さを知っていただければ幸いです。

 

 

 

1・・転倒事故

フォークリフトの転倒や横転により強打や下敷きになってしまう事故。

 

2・・堕落・転落

フォークリフト作業中の操縦員が、フォークリフトごと墜落・転落したり、荷台から墜落・転落したりする事故。

 

3・・はさまれ・巻き込まれ

フォークリフトのマストやヘッドガード、他の車両との間にはさまれてしまう事故。

 

 

上記の事故の発生防止の為、当社では操作員への正しい操作方法の指導を通じ、知識と技能の向上を図ることを講習会の目的としています。

また、当社では講習受講後、参加者全員に講習を通じての気づきや改善点などを書いた感想文を提出してもらっております。その中からいくつかご紹介させていただきます。

 

 

 

【講習の感想】

 

 

1.湾岸市川センター M・K

今回初めてフォークリフト安全講習会に参加しました。第一に感じたのは、フォークリフトの免許取得時に学んだことでも、今となっては忘れてしまっていることも多いことに気づきました。特に、フォークリフトに慣れてくると荷役操作が流れ作業になってしまう傾向があるので、今回一つ一つの動作を再確認できる良い機会になりました。私自身、大きな事故を起こしたことはございませんが、もう一度今回の安全講習で学んだことを振り返り、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

 

2.若洲センター S・H

今回の安全講習会で、私が毎日運転するフォークリフトでの死亡事故が多いことに驚かされました。フォークリフトは倉庫内での貨物を運ぶことに関しては便利ですが、少しでも判断を誤ると事故を誘発する危険な乗り物です。講習では主に安全確認の徹底、基本操作、運転方法などを改めて認識しました。忙しくて慌てている時こそ、事故が起こりやすいと学びました。この講習内容をセンター内で共有したいと思いました。

 

3.本社 O・S

今回のフォークリフト講習を通じて改めて事故の怖さだったり、運転での安全確認だったり忘れていたことを思い出せるとてもいいきっかけになりました。まず座学での講習でフォークリフトの危険性や機能を学び、背筋が凍るような内容も含まれておりとても印象に残りました。今回の講義で受けたインパクトを常に忘れずに操縦をしなければいけないと改めて実感しております。そしてもう一つの項目実技のテストを受け、ここでも今まで忘れていた多くのことを思い出すことができました。一つ一つの安全確認が自分や他の作業員を守っているということに気づけました。ここで学んだことをしっかり活かし行動していきたいと思います。さらには周りにも周知できるようこれからも励んでいきます。

 

4.市川塩浜センター O・H

今回の、安全講習会を受講して学んだことは、事故を起こすと様々な人にご迷惑を掛けてしまうということです。フォークリフトはとても便利な荷役機器ですが、一方で油断して事故を起こしてしまうと、人身事故や物損事故に繋がる場合もあるため、注意して運転する必要があります。フォークリフトに乗車するようになり一年弱、少しずつ運転にも余裕ができ、安全確認への意識が希薄していたため、今回の安全講習会で、運転の基礎的な部分を再確認することができました。最後に、安全に運転することはもちろんのこと、運転スキルをさらに身につけ、社内のお手本となれるよう、今後の業務に従事して参ります。

 

 

当社は「現場スタッフの安全を守ることはお客様からお預かりしている大事な商品(財産)を守ること」に繋がると考えております。

引き続き現場スタッフ及びお客様の大切な財産を守るため、引き続き講習会を行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご相談

メールでのお問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

03-3258-1276

ページの先頭へ戻る